勉強法

言葉の力で未来を変えろ!

桂萱中・みずき中・前橋五中・群大附属中にお通いのお子様をお持ちの保護者様、

桂萱小・桂萱東小・桃瀬小・城東小・中川小・若宮小・天川小・永明小・群大附属小にお通いのお子様をお持ちの保護者様、

その他、前橋市で小学生・中学生・高校生のお子様をお持ちの保護者様へ。

 

こんにちは

超集中空間プロデューサー

個別指導型自立学習塾『慎塾』

塾長の喜田慎吾です。


慎塾の6月の授業は、『教室受講』と『オンライン受講』を選択できます。

今日は言葉の力についてお話しします。

 

未来を変える方法

それは行動を変えることです。


逆に言うと

行動を変えなかったら、

未来は変わりません。

 

知識だけではダメで、使ってナンボです。

 

では、どうすれば行動できるのでしょうか。

 

行動のためにはイメージが大切です。


あなたの目標を達成するイメージ

目標達成のためのやり方のイメージ

人はイメージできないことは達成できません。

 

とても強くイメージしたことは

無意識に体が動きます。

 

三国志に出てくる魏の曹操は

このイメージを巧みに使い、

危機を脱したという話があります。

曹操は行軍の途中、飲み水が手に入らないところを通った。 全軍の兵士たちがのどの渇きに苦しんでいた。そこで、曹操は号令して言った。

「前方に大きな梅林がある、甘酸っぱい実がたわわに実っておる。それでのどの渇きが癒せるぞ」

兵たちはそれを聞くと、たちまち口の中に唾がわきだした。 そのおかげで、渇きが癒され、無事前方の水源までたどり着くことができた。

 

実際に梅を食べてるわけではないのに

唾が出てくる。

 

強くイメージしたことで

体が反応したのですね。


さらに、イメージは言葉からつくられます。

発した言葉のイメージは無意識に想像してしまいます。

実験してみましょう。

 

「バナナを想像しないでください。」

「何があっても絶対に黄色いバナナを
イメージしないでください」


 

今あなたの頭の中は何が浮かんでいますか?

バナナ浮かんでいませんか?


この理論で言えば、

言葉がイメージを作り、

イメージが行動させ、

行動が未来を作る

と言うことができます。

 

あなたはどんな夢や目標を言葉にし、

叶えていきますか?

ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP