英語

be動詞を侮るな!<樹徳 編>【桂萱中・みずき中・鎌倉中・群大附属中生必見】

こんにちは

“超集中空間プロデューサー”
慎塾 教室長の喜田慎吾です。

9月23日(火)から
『みずき中1・2年生のための
中間テスト対策』
を行います。


「勉強方法を身につけたい」
「満足いく結果を出したい」
「ニガテ強化を克服したい」

とお考えのあなたのための中間対策です。

※他中学にお通いの方もお気軽にお問い合わせ下さい。
※桂萱中の中間対策は9月28日(日)にご案内致します。

↓↓詳しくはこちらから↓↓

みずき中1・2年生のための中間テスト対策

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚



be動詞がどのように高校入試に出題されているかを

お話ししています。



ここでは、樹徳高校の入試で

どのように出題されるかお話ししますねo(^-^)o




【樹徳では】

樹徳は

リスニング 2題
A 

発音問題 1題
言う 

文法の穴埋め問題 1題
穴埋め 

長文 2題
長文 

が出題されています。



「対話文ないんだね?」

そうですね。



「be動詞は出てるの?」

例えば、文法問題。

I (  )  in Kyoto for 20 years.

①live ②am living ③lives ④has lived



He (  ) a walk every morning.

①take ②takes ③taken ④is taken



分かります?

be動詞単体では出てないのですが、

どういう場面でbe動詞を使うかを

考えられないといけないんです。
考える2 



be動詞を使う場面って色々あります。

『~です』とか普通にbe動詞として使う場合

進行形、受動態、比較の時も使いますね。
場面 



中1の時苦労しなかったbe動詞が

使い方が増えてくると分からなくなるo(TωT )

ありがちなんですよ



ですから、やっぱり1つずつなんです!

英語は積み上げ教科なので

1つずつ出来るようにしていくこと

出来ない、分からないがあったら

速攻で解決すること

が大切ですね(o^-‘)b
成功への鍵 



前橋育英高校については

また夜に(^-^)ノ~~


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

その方法をくわしく知りたい方は、
お気軽にお問い合わせ下さい。


慎塾
《フリーダイヤル》0120-555-939
《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201
《メール》katakai@myself-juku.jp
HPはコチラから→慎塾HP
Facebookはコチラから→慎塾FBP
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP