入試への準備

【2021群馬入試 英語】自分の考えを英語で伝える術

こんにちは。
超集中空間プロデューサー
喜田慎吾です。

昨日は英作文は前向きでというお話をしました。

「そうは言っても書けないよ!」
という人もいるでしょう。

そこで、今日は
英作文で自分の考えを書く術
をお話しします。


英語力にもよるのですが、
日本語で考えたことを
きれいな英語で書くのって
かなりハードルが高いです。

言語をマスターする手順って
聞く→話す→読む→書く
と言われています。


ということは
英作文は最もハードルが高い作業です。

しかし、入試や
最近では定期テストでも
よく出題されています。
もはや英作文はマストです。


以前慎塾に通っていた中3生に
確実に書ける英語で文を作る
という話をしました。

入試だから
難しい英文法や単語で
書かなきゃいけないかというと
決してそんなことはありません。

I was happy.

なんて書いたらまずいんじゃないかな
って思っちゃうんですよね。

これOKです!

だってどこも間違ってないでしょう。
その生徒は、前高の英語で
9割135点
をとれていましたから大丈夫なんですよ。



無理に関係代名詞や分詞を
使わなくても大丈夫です。

自分の使える範囲の英文で
確実に書けるものを駆使して
自分の考えを伝えるようにしましょうね。

あっ!中1・2生は
少しでも表現を増やした方がイイので、
新しい表現を使った文を書く練習を
たーーっくさんしてくださいね(^_-)-☆


明日は
社会の記述について
お話しします(*>∀<)ノ))

ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰もできないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

PAGE TOP