入試への準備

【2021群馬入試 英語】英作文は前向きに!

こんにちは。
超集中空間プロデューサー
喜田慎吾です。

今日は英語の記述についてお話しします。

前期は20語前後の英作文
後期は30語以上の英作文
が出題されています。


内容についてですが、
2021年の後期は
「レジ袋有料化に関する資料読解から自分の考えを書く」
SDGsを入れてきましたね


2021年の前期は
「メールの返事を書く」
というテーマですが、
Maryの相談のアドバイスを書く内容でした。

どちらも
自分の考えを書く
という共通点がありますね。

さて、自分の考えを書くときに
印象を良くする記述を書くポイントがあります。
それは
前向きな内容にする!
ということです。


例えば前期のメールの返信の問題で

You should choose the piano because you worry about your fingers during your basketball games. So, I think you will not get better at basketball. 

みたいに、
「手を気にしているようでは上手くならないからピアノにしな!」
という感じで書くと印象がどうでしょう。

かなり冷たく、印象も悪いですよね。


それよりも、
You should choose the piano because you feel happy when you are playing it.

みたいに
「ピアノを弾いているとき気分がイイんでしょう。ピアノにしなよ!」
という感じで書くと、前向きな感じがしますよね。


英作文を書くとき、
『~できないから』『~してしまうから』
より、
『~するため』
のように前向きな表現で
書くことをお勧めします

明日は
英語の記述を書ききるポイント
についてお話しします(^ー^)ノ~~

ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰もできないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

PAGE TOP