最新ブログ情報

過去問演習の極意 ~その2~【桂萱中・みずき中・前五中・群大附属中生必見】

こんにちは

“超集中空間プロデューサー”
慎塾 教室長の喜田慎吾です。

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚

《小4~中2冬期講習》
本日12月20日(日)をもちまして、
受付終了致しました!!


たくさんのお問合せ、お申込ありがとうございました。

年明けすぐに

私立入試が始まります(^O^)/


中3生の目が一気に本気に変わる時期ですね。



慎塾では

12月から授業内で私立の過去問を解いています。



12月は

『私立高校の過去問』

についてお話しします。

*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚


過去問を解いた後、何を見てますか?

「点数(・ω・)/ 」

「ランク(^-^)/ 」



うんうん、結果を見てるんですよねo(^-^)o



でもね、結果を見るだけでは

もったいないですよ。



答案っていうのは

あなたをもっと成長させることができる

宝の山なんです。

宝



過去問を解いていくと、

公立・私立受験で若干の差はあっても、

入試でよく狙われるところは
大体決まっている


ということに気づくと思います。



1つの単元、たとえば英語の不定詞であれば、

どの学校で出ても不思議はないといえる

出題の形式やポイントが必ずあるのです。



それが分かったら

やることって決まってきませんか?



いわゆる

「入試の常識的な部分」

というのがあるのですが、

普通、そんなの知らないですよね。



でも、過去問を解くと

「ん?これ前にも出たな」

というものがあるんですね。



そこに気づけば
得点しやすくなってきます。




徹底的に集中して

一気に自分の得意にしてしまいましょう。



コレこそが得点力アップにつながっていきます。



過去問を買ってきて始めから最後まで

タラタラ解いただけでは

決して合格力は身に付きません。



同じ努力をするなら、

合格に一歩でも二歩でも近づけるやり方で

得意単元を作っていきましょうね(o^-‘)b



【極意その2】
自信を持てる得意単元をつくるべし。
そのためにターゲットをしぼりこみ、
自分の得意単元とできるよう
集中力を持って取り組むべし。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

その方法をくわしく知りたい方は、
お気軽にお問い合わせ下さい。

慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939
《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201
《メール》
katakai@myself-juku.jp
HPはコチラから→慎塾HP
Facebookはコチラから→=”#0000ff”>慎塾FBP
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP