最新ブログ情報

過去問ができないなんて想定内!【桂萱中・みずき中・鎌倉中・群附属中生必見】

こんにちは

“超集中空間プロデューサー”
慎塾 教室長の喜田慎吾です。
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚

《冬期講習 定員までわずかです!》
小4~中2対象
慎塾の冬期講習
のご案内をしています。
お申込の締め切りは12/17(水)までとさせていただきます。
お早めにお問い合わせ下さい。

↓↓冬期講習の詳細は下記のご案内をご覧下さい。

【中1・2冬期講習】
※中1残席:8名、中2残席:5名


【小6冬期講習】
※小6残席:5名


【小4・5冬期講習】
※小4・5残席:6名


*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚


慎塾では

先週から過去問を解き始めました。



1日1教科で

入試と同じ時間割で

入試と同じ時間で

しっかり解答用紙を使って

行いましたo(^-^)o
テスト 



結果はかなり厳しかったです。



昨年はどうだったかな~

と思い確認してみると…

やっぱり去年も

最初のテストは厳しい結果でした(;^_^A
難しい2 



いや~落ち込む生徒が多かったですね~

空気が重くなりましたもんσ(^_^;)



心構えが必要なんですね
準備 



「どんな心構え?」



過去問を何回やるか

過去問にどういう意味を持たせるか

ですね。



「どういうこと?」

初めて過去問をやったわけです。

入試問題を初めて解いたわけです。



傾向もつかめていない。

時間配分もうまくいかない。

なんてことは想定内にしておくべきなんです。



それを知るための過去問

と決めておけばいいんですね。



ですから、点が取れなくても

傾向がつかめて、

本番へのプランが作れれば、

大成功になるんですね(≧▽≦)
OK5 



私の教室では

目標ランクに合わせて

目標点数を教科ごとに設定しています。



平成26年入試を解き終わりましたが、

次の過去問を始めるとき、

目標点数を設定し直しました。



そして、平成25年の問題をやってみたら

ほとんどの生徒が

目標点辺りの点を取れていました。
難しいのを乗り越える 



それは、問題を経験したため、

自分がどこで点を取れるのかをしっかり判断し、

行動できるようになってきているからですね(^_^)v
答え2 



落ち込んでいるヒマなんてありませんよ(^-^)/



1回目は傾向を知る!

勝負は2回目!

という心構えで過去問を解くと

気持ちが追い込まれずにいられますよ(o^-‘)b
信じる 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

その方法をくわしく知りたい方は、
お気軽にお問い合わせ下さい。


慎塾
《フリーダイヤル》0120-555-939
《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201
《メール》katakai@myself-juku.jp
HPはコチラから→慎塾HP
Facebookはコチラから→慎塾FBP
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP