最新ブログ情報

読解を得意にする Part2

こんにちは


“超集中空間プロデューサー”

慎塾 教室長の喜田慎吾です。


慎塾のHPを開設しました。


ぜひご覧くださいね


慎塾  ←ポチッとするとHPに行きます



慎塾では、


7月22日(月)~8月10日(土)で


夏期講習


を行います。


小学生は算数・国語を


中1・2生は英数+α(受講期間によって教科数は変わります)を


中3生は受験対策+夏期合宿を


行います。




受講期間は6日間・12日間・18日間を選択できます。


塾生以外の方は


小学生:9名、中1生:先着4名、中2生:先着3名、


のみのご案内となります。


おかげさまで中3生は満席になりました。

中1・2生もお問い合わせをいただく件数が増えています。

中1・2生で塾をお探しの方はお早めにお問い合わせ下さい。




もっと詳しい内容を知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


慎塾

フリーダイヤル 0120-555-939



さて、今回もテーマは読解を得意にするです。


前回は


「逆説の接続詞に注目ですよ」


というお話をしました。



誰もが成績は上げられる!慎塾 教室長ブログ-わからない


今回は


補足説明の接続詞


です。




補足説明って何?


「すなわち」「つまり」


とかが補足説明の接続詞です。




個人的な意見ですが、


この接続詞って回りくどい人はよく使いますよね~(^▽^;)


塾講師は多いですよ~(;^_^A




「彼は私の兄の息子、すなわち従兄弟です」


とか


「日本の代表的な山、つまり富士山は…」


とか…




うーん、相変わらず、例が上手くない(><;)




「A、すなわちB」や「A、つまりB」は


A=Bの関係なんです。




そんなの当たり前でしょ




そうですよね~


でも、けっこう読めないんですよ


では、筆者はAとBのどっちを言いたいの?




答えはBですよね




あえて言い換えているのですから


Bを言いたいのです。


そうすると、強調したいことは何なのか


分かって読むことができますよねo(^-^)o




補足説明の接続詞にグリグリ〇を付けて


その下の文に線を引くと読みやすくなりますよ(o^-‘)b


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP