最新ブログ情報

計算は作業になるまで練習しろ!【桂萱中・みずき中・前五中・附属中生必見】

こんにちは。

“超集中空間プロデューサー”

慎塾

校長の喜田慎吾です。

 

 「高校入試の情報がない!

 どうすればいいの!?」 

 そんな悩み・不安を一瞬で解決します!

群馬県高校入試情報会

志望校合格へのストーリー

 

 2018年度、おそらく

 「群馬ナンバーワン!」のスピードで

 情報を集めています。

 

 今回の情報会は

 今慎塾にお通いでないあなたも

 ご参加いただけます。

 

 ご案内はコチラから↓

 高校入試情報会

 

 桂萱中・みずき中・前橋五中・

 群大附属中生のための

 1学期 期末テスト対策

 を行います。

 

 ★ 詳細を6月1日(金)に詳細を公開します★

 ご期待ください。

 

 定期テスト期間以外での体験授業も

 受け付けております。(小4~高3)

 お気軽にお問い合わせください。

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

計算が苦手な生徒に多いのが

 

暗算を多用する傾向が強い

 

ことです。

 

 

遠くを見てるので

 

何をしているかと思ったら

 

頭の中で暗算しているんです。

 

 

 

他の子を見た後に彼を見たら、

 

まだ遠くを見てるんですΣ(・ω・;|||

 

 

 

ただボーっとしているだけじゃないか

 

と勘違いしてしまうほどですΣ\( ̄ー ̄;)

 

 

 

それなら、

 

筆算を書いた方が速いですよね

 

 

計算は確実にできなければいけません。

 

だからと言って

 

長時間をかけられるものではありません。

 

 

 

作業のように

 

できるようになること

 

が必要です。

e=”inherit” height=”385″ src=”https://blog-imgs-113.fc2.com/n/i/s/nishikatakai/blog_import_5ca6cea67b7e9.jpg” width=”420″>

 

 

だから、頭を使わないことです。

 

 

 

計算には手順があります。

 

1.累乗の指数

 ⇒累乗の指数が何にかかっているか注意

 

2.( )の計算

 

3.掛け算・割り算

 ⇒ここで約分してしまう

 

4.足し算・引き算

 ⇒ここで通分注意

 

これだけです。

 

計算の工夫は多少ありますが

 

基本、これでOKです。

 

 

 

注意する所はあっても

 

考える所はあまりないんです。

 

 

 

ですから、

 

作業として出来るようになるまで

 

繰り返し演習することが大切です。

 

 

作業になったら

 

暗算より筆算の方が速い

 

って分かりますよね(o^-‘)b

 

 

 

では、この次は

 

どういう風に計算練習をしていけばいいか

 

ノートの使い方を紹介します。

 

 

 

また、20:00に(^-^)ノ~~

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

 

その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

自立学習塾

慎塾

《フリーダイヤル》

 0120-555-939

《住所》

  前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》

 katakai@myself-juku.jp

《HPはコチラから》

 慎塾HP

《Facebookはコチラから》

 慎塾FBP

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP