数学

添削は自分でやってはダメ【桂萱中・みずき中・鎌倉中・群大附属中生必見】

こんにちは


“超集中空間プロデューサー”

慎塾 教室長の喜田慎吾です。


慎塾のHPを開設しています。


ぜひご覧くださいね


慎塾  ←ポチッとするとHPに行きます


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・



説明記述を書くお話をしましたが、


書いたらどうする?


○付けする




採点基準は?


解答にあるでしょ?




実は、無いんですよσ(^_^;)


うそーんΣ(・ω・;|||




解答には模範はありますよ。


でも、


これが抜けてちゃダメ


とか


これは無くてもOK


とかの説明はないんです。


白紙



この状況で、自分で○付けをすると


どんなことが起こると思います?




ほとんど満点になっちゃうんですよΣ\( ̄ー ̄;)




ならない、ならない((‐ω‐。*)(*。‐ω‐))


では、もしあなたが説明記述をびっしり書いたとします。


解答を見ました。大筋は合ってそうです。


どうします?


○!


嬉しい2



やっぱり…(^_^;)




自分で書いているわけだから


当然正解していると思って書いてますよね。


だから、自分で採点すると


必ず○になるんですよ。




だから、添削です!


アドバイス



今回の中間テストで、附属中の2年生は


整数の説明が入っていましたね。




まとめページや教科書に


例が載っているので


同じように書けばいいんでしょ


と思っていると足元すくわれますよ。




分かって書くためには


間違うことが必要です。




細かい所まで見て、修正していくには


絶対に添削が必要です。




合ってるだろう


ではなく


間違いはない!


となるくらい添削をくり返し、


分かって書く記述力を伸ばしていきましょう(o^-‘)b


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP