├ 入試歴史のアプローチ

江戸の三大改革は誰が行ったか?名前の順です【桂萱中・みずき中・鎌倉中・群大附属中生必見】

こんにちは

“超集中空間プロデューサー”
慎塾 教室長の喜田慎吾です。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚



入試の勉強と定期テストの勉強は違います。



入試は初見の問題が多く、

その場で考える問題



定期テストはすでに授業やワークで

やった問題の類題



入試レベルができるようになるには

考えるプロセスをたくさん持つこと

が大切になってきます。



今月も一番点数を上げやすいと言われる

理社の入試問題のアプローチ方法

について、お話ししていきます。



8月は平成25年入試の問題を使ってお話しします。



水曜日のテーマは

「入試歴史へのアプローチ」です。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚

今日は平成25年の歴史の問題です。



群馬入試の歴史は

江戸までの歴史

明治以降の歴史

が大問1個ずつ出題されます。



今日は江戸までの歴史の問題を見ていきましょう。

平成25年 4番(6)の問題です。

 
 
 
(6)下線部(d)に関して、資料Ⅳは、3つの改革のうち、いずれかの改革に関する法令の一部である。この改革の名称と改革の目的を、資料Ⅳを参考にして簡潔に書きなさい。

「えっ、資料ってこれだけ?(・・;) 」

そうです。



「これだけでどの改革か判断するの?(-“”-;) 」

「そんな資料の内容まで覚えてないよ(#`ε´#) 」
パンク 



あ、ごめんなさい。

資料少し欠けていました。



「何が変わったの?(・_・;) 」

タイトルがついたでしょう。



「徳川吉宗が制定した法令なんだ」

これならどの改革か分かりますよね。



「享保の改革」

素晴らしいヽ(゚◇゚ )ノ
徳川吉宗 



分かります?

資料を見る時ってタイトルが

ものすごーく重要なヒントに

なっているんです!
ヒント 



せっかくだから、他の改革も確認しておきましょう。

寛政の改革は誰の改革?

「水野忠邦か松平定信」



…ふーん(-。-;)

で、どっち?

「分からんo(TωT ) 」



寛政の改革が松平定信
松平定信 

天保の改革が水野忠邦
水野忠邦 

です。



徳川吉宗→松平定信→水野忠邦

50音順です。



さて、問題に戻りましょう。

問題の条件は

改革の目的を書くこと。

資料Ⅳを参考にすること。



資料Ⅳを見ると

年貢が不足している。

一般の行政費も差し支えるようになっている。



ということは何を改革したいかというと

財政

ですよね。
小判 



つまり目的は

財政を立て直すことn>


ということになりますよね(^_^)v



享保の改革というと

○質素倹約

○武芸・学問の奨励

○公事方御定書

○目安箱の設置

○新田開発

○上米の制

といろいろあるんです。



でも、その中の何を答えるかは

条件次第です。



しかも、この問題はないようではなく目的です。

しっかり条件を整理して

聞かれていることと

答えることを

一致させましょうね(o^-‘)b



納得していただけましたか?



ガッテン(。ゝω・)b

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

その方法をくわしく知りたい方は、
お気軽にお問い合わせ下さい。


慎塾
《フリーダイヤル》0120-555-939
《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201
《メール》katakai@myself-juku.jp
HPはコチラから→慎塾HP
Facebookはコチラから→慎塾FBP
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP