社会

歴史は用語を覚えるだけでは足りない<樹徳・育英編>【桂萱中・みずき中・鎌倉中・群大附属中生必見】

こんにちは

“超集中空間プロデューサー”
慎塾 教室長の喜田慎吾です。

9月21日(日)に
『中間テスト対策』のご案内を致します。


「勉強方法を身につけたい」
「満足いく結果を出したい」
「ニガテ強化を克服したい」

とお考えのあなたのための中間対策です。
ご期待下さい(o^-‘)b

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚


学校でやっている奈良・平安時代の歴史が

入試でどのように出題されているかお話ししています。



ここでは、樹徳高校と前橋育英高校の入試で

どのように出題されているかを紹介しましょう(^-^)/



【樹徳では】

樹徳の歴史は盛りだくさんです。
たくさん3 



「盛りだくさんって?」

量が多いんです。

だから、当然、奈良・平安も盛りだくさんです。



「難しいの?」

色々ですよ。

例えば、

「平安時代に起きた出来事を選びなさい」という問題

「万葉集の説明として正しいものを選びなさい」という問題

「文を読み『私』に該当する人物を答えなさい」という問題

「写真を見て、秦の始皇帝に最も関係深いものを選びなさい」という問題



樹徳の難しさは、

時代の幅が広いこと
幅 



ということは、

時代と出来事や人物が

一致していないと

話になりませんね。



さらに、内容をけっこう細かく知らないと

分からないものも出てきます。



やっぱり、3年になって一気に覚えるのは

難しいですねp(^-^)q



【前橋育英では】

面白い問題が出てますよ(^O^)/
楽しい 



縄文土器と弥生土器と金印と土偶

の写真があって、

時代と遺跡を一致させる問題



「面白くない゛(`ヘ´#) 」



今まで、時代と一致させることをお話ししていました。

育英でも出てます。

でも今度は、写真と時代と遺跡です。



ここまで来ると、

「全部やってやる!」

という気になってきませんか?
達成 

「…ならない(  ̄っ ̄) 」



あれ…σ(^_^;)



まぁ、出題の仕方にかなり工夫をしているんですよね。

どんな角度から出ても大丈夫にするのは

中3でいいのですが、

学校で学習するときは、

まずは基礎をしっかり意識して

次に入試を意識して解く!
考える 



そうすると、出来る問題が増え、

理解も深まっていきますよ(o^-‘)b



健大・農二については

また夜に(^-^)ノ~~

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

その方法をくわしく知りたい方は、
お気軽にお問い合わせ下さい。


慎塾
《フリーダイヤル》0120-555-939
《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201
《メール》katakai@myself-juku.jp
HPはコチラから→慎塾HP
Facebookはコチラから→慎塾FBP
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP