理科

植物は光合成の実験の意図を知る【桂萱中・みずき中・鎌倉中・群大附属中生必見】

こんにちは


“超集中空間プロデューサー”

慎塾 教室長の喜田慎吾です。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・



テストで目標点を取るためには


正しい勉強法が必要です。




期末テストが終わると、夏休み。


中3にとっては入試に向けての


本格的な勉強が始まります。


そこで、今月は


入試に向けての勉強方法やマインド、


入試への準備について


お話ししていきます。




月曜日のテーマは

「入試への理科」です。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・


植物と聞いて、真っ先に思い出す実験と言えば


光合成




光合成の実感はいくつかあって、


オオカナダモを使った実験




ふ入りの葉をアルミ箔で覆う実験




葉に漂白剤をつけ色を抜き、


その色にヨウ素液を付ける実験




様々あるのですが


それぞれ意図があるんですよね。




実験の手順だけを覚えてしまうと


何を確認するためだったのか


目的が分からないまま


になってしまいます。




では、まず光合成はどのようにして行われるか確認です。




葉緑体の中で

          光のエネルギー

              ↓

水 + 二酸化炭素 ―→ デンプン + 酸素




でしたね。




これ本当にこうなの?


というのを確認するのが実験ですo(^▽^)o




まず


ふ入りの葉の実験です。


ふ入りの葉



「ふ」はなぜ白いの?


葉緑体がないから




そうですねヽ(゚◇゚ )ノ


なぜ、アルミ箔で覆うの?


日光が当たる部分と当らない部分を作るため




なぜそんなことをするの?


光合成に光のエネルギーが必要か確認するため




うんうんOKp(^-^)q




そうすると


「ふ」なし+アルミ箔なし


「ふ」なし+アルミ箔あり


「ふ」あり+アルミ箔なし


「ふ」あり+アルミ箔あり


の4ヵ所ができるわけです。




これに日光を十分に当て、その後ヨウ素液につけると


青紫色になる部分とならない部分ができるんですね。


ふ入りの葉2



青紫色なったということは、


デンプンがあるから


光合成が行われた


ということになります。




青紫色にならなかったら


光合成が行われなかった


ということになりますね。




で、見ていくと


「ふ」なし+アルミ箔なし→青紫色


「ふ」なし+アルミ箔あり→白色


「ふ」あり+アルミ箔なし→白色


「ふ」あり+アルミ箔あり→白色


となります(ノ゚ο゚)ノ




さぁ、この実験からわかることを発見するには


どれを見ればイイですかね?


「ふ」なし+アルミ箔なし→青紫色


「ふ」なし+アルミ箔あり→白色


を見てわかることは?




うーん…




違いはアルミ箔だけです


ということは、この2つは何が違ったの?


光が当たったかどうか




ということは


当たったらデンプンができて、


当たらなかったらデンプンはできない。




つまり、


光合成には光のエネルギーが必要


と分かるよね


光3



じゃあ、


「ふ」なし+アルミ箔なし→青紫色


「ふ」あり+アルミ箔なし→白色


だったらどうかね?




違いは、「ふ」だけか…


ということは葉緑体があるか、ないかだよね


そうですね。




葉緑体があったらデンプンができて、


葉緑体なかったらデンプンはできない。




ということは、


光合成は葉緑体で行われている


ということですね。


葉緑体



ほら、分かります?


実験には意図があるんです。




いくつも違う部分を作ると


何が原因か分からないでしょ




でも、違いが1個だと


その1個が原因だったと分かりますよね。


その違いに注目するわけです


違い



そうすると実験の意図をつかめるようになっていきますよ。




この後、他の実験も見ていきましょうね(^-^)ノ~~


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



期末テスト対策のご案内をしています。


受講資格は


『本気で頑張ると決意した人』




この気持ちさえあれば、だれでも受講できます。




5月に行った中間対策を受講した生徒の中には


5教科495点


を取った生徒もいました。




あなたの人生を変えるきっかけになればと思います。


ぜひ、強い気持ちを持ってご参加ください!




↓↓詳細はコチラ

1学期 期末対策授業のご案内


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》katakai@myself-juku.jp

HPはコチラから→慎塾HP

Facebookはコチラから→慎塾FBP


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP