理科

植物の分類は図と一致させる【桂萱中・みずき中・鎌倉中・群大附属中生必見】

こんにちは


“超集中空間プロデューサー”

慎塾 教室長の喜田慎吾です。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・



植物の分類




1つ1つの植物の形を見ると


葉も違うし


色も違うし


花も違う




でも、分類ということは


その類のものを見るんですよねo(^-^)o




要は同じ種類の所を集めた感じですね(^-^)/




で、これもなかなか種類が多くて


何で分けるっていうことを知らないと


答えるときに変な答えになっちゃうんですσ(^_^;)




これは動物の特徴の時も同じことが言えます。




分け方を知ることと


形を一致させること


これが分かると


何か一つ記憶していると全部一致させられます。




まず、植物は


花が咲く『種子植物』と、


『花が咲かない植物』とに分類できます。




花が咲かないのは


『シダ植物』『コケ植物』ですね。


シダ

それ以外は種子植物です。




これは分かるよv(^-^)v




で、種子植物はさらに分類できて


胚珠がむき出しなのが『裸子植物』


これがマツとかイチョウとかですね。


マツ



この辺までは分かるな(^_^)v




で、胚珠がむき出しで無いのは『被子植物』




被子植物はまだ分類できます。


子葉が1枚なのが『単子葉類』


単子葉

ツユクサとかトウモロコシとか


葉の脈が縦に平行になっているやつです。




はいはい、葉がとがっているやつね。


そうです




これ抜いてみたことあります?


意識したことないかも




根を見ると


1本太いのがあるのと、


全部同じようなのとが


あるじゃないですか




単子葉類は、全部同じ方で


『ひげ根』という形なんですね。




維管束もバラバラです。




で、子葉が2枚なのが『双子葉類』


双子葉

双子葉類は1本太い『主根』と


そこからちょろちょろ出ている『側根』


という形で、


維管束は輪のようにきちんと並んでます。




何となく、


単子葉類はだらっとしている感じですが、


双子葉類は1本筋が通っていると感じるのは


私だけでしょうか(^▽^;)




この双子葉類はまだ分類できて、


花弁が合わさっているのが『合弁花類』


タンポポとかアサガオね


アサガオ



で、合わさっていないのが『離弁花類』


サクラとかアブラナとかね


アブラナ



こんな感じで、分かれていかない方から


覚えていくと覚える個所が少しずつしか


増えないので覚えやすいかもしれませんね(o^-‘)b


=”3″>▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



期末テスト対策のご案内をしています。


受講資格は


『本気で頑張ると決意した人』




この気持ちさえあれば、だれでも受講できます。




5月に行った中間対策を受講した生徒の中には


5教科495点


を取った生徒もいました。




あなたの人生を変えるきっかけになればと思います。


ぜひ、強い気持ちを持ってご参加ください!




↓↓詳細はコチラ

1学期 期末対策授業のご案内


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》katakai@myself-juku.jp

HPはコチラから→慎塾HP

Facebookはコチラから→慎塾FBP


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP