最新ブログ情報

時間の感覚を体に覚え込ませる!【桂萱中・みずき中・前五中・群大附属中生必見】

こんにちは

“超集中空間プロデューサー”
慎塾 教室長の喜田慎吾です。

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚

年明けすぐに

私立入試が始まります(^O^)/


中3生の目が一気に本気に変わる時期ですね。



慎塾では

12月から授業内で私立の過去問を解いています。



12月は

『私立高校の過去問』

についてお話しします。

*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚


入試が近づいてきましたね。

樹徳・農二入試まで、あと13日

健大・育英入試まで、あと14日

共愛入試まで、あと15日

です。



最近、受験生の日記が変わってきました。

「時間配分に注意する」

「出来ない問題はとりあえず飛ばす」

「出来なかったら、やり直しで考え方が分かるまでやる」

「知識事項は守破離にまとめて、一気に覚える」

など、実践的な話になってきましたねヘ(゚∀゚*)ノ



自分に何が必要なのか

改善するために何を試してみるのか

よーく考えるようになりましたo(^▽^)o




ここでもう1回、

過去問を使ってやるべきこと

をおさらいします。



1つ目は

時間内に解く練習を重ねて
感覚を体に覚えこませる

です。



試験時間内で最大限の力が発揮できるように、

時間の感覚を体に覚えこませること

が重要です。



長文はどのくらいの量を
どのくらいの時間で読み解答できるか。

社会の大問1つ解くのに
どのくらい時間をかけられるのか。

どのくらい自分の集中・体力が続くのか。

どのタイミングでリラックス深呼吸したらいいのか。



時間を自分でコントロールして

100%の力を出し切れるようにしたいですよね



でも、これを本番でいきなり実践するのは危険です。

今は、本番でやろうと思うことを試してみる時期です。



例えば、本番で

〝国語は線を引きながら読む〟

と決めているのであれば、

過去問を解くときに、線を引かずに読んでいたら

本番では時間が足りなくなることは

間違いありませんよね。



線を引いて読んでも
時間が足りなくならないような練習をするか


線を引くという行為をやめるか

決断が必要です。

そしてその練習をするんです。



練習で積み重ねた力が
本番で自信を持って使える

ということですね(o^-‘)b


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

その方法をくわしく知りたい方は、
お気軽にお問い合わせ下さい。

慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939
《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201
《メール》
katakai@myself-juku.jp
HPはコチラから→慎塾HP
Facebookはコチラから→慎塾FBP
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP