数学

“文章題を解くために”図を書こう!【桂萱中・みずき中・鎌倉中・群大附属中生必見】

こんにちは


“超集中空間プロデューサー”

慎塾 教室長の喜田慎吾です。


慎塾のHPを開設しています。


ぜひご覧くださいね


慎塾  ←ポチッとするとHPに行きます


慎塾では、

1学期中間テスト対策授業を行います!


↓詳しい内容はコチラをご覧ください

1学期中間テスト対策




文章題の立式までの作業


についてお話ししますね。




問題を読んだんだけど、


よく意味が分からない(-“-;A


という状態になって、問題とにらめっこしている人


いますね~o(^-^)o




確かに数学の文章って、国語の文章と違って


ちょっと読みづらいですよね。




そんな時は、文字を追っていてもダメ


きっと、文字が自分の中に入ってきません。




じゃあどうするの?


条件を絵や図にするんですv(^-^)v


絵



絵を描くの?


そうですよ


頭で理解するより


目で見た方が圧倒的に速いです




また問題を出してみましょう。


会議室の長椅子に


1脚につき4人ずつ座ると28人の生徒が座れなくなり、


1脚につき5人ずつ座ると長椅子はちょうど2脚余る。


長椅子は何脚あるか求めなさい。




過不足の問題です。


長椅子の問題は


何を言っているか分からないことが多いんですよね~




だから図を書いてみるんです。


①1脚につき4人ずつ座ると28人の生徒が座れなくなり、


②1脚につき5人ずつ座ると長椅子はちょうど2脚余る。


とすると、こんな感じです↓



図(文章題)



図を書くと生徒の人数で式が作れることが分かります。


分からない時は自分なりに図を書くことが大切です。




最初は上手く書けないかもしれないです。


でも、ずっと書かないと何が起こりますか?


ずっとできない(x_x;)




そう!でも少しずつでも書いたらどうなりますか?


出来るようになるかもしれないv(^-^)v




そうです。もし今、文章題を苦手にしているなら


考えるための作業をしてみましょう!


行動を変えると結果が変わってきますよ(o^-‘)b


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP