最新ブログ情報

国語で「何言ってんの?」を「分かったぜ!」に変える方法【桂萱中・みずき中・前五中・附属中生必見】

こんにちは。

“超集中空間プロデューサー”

慎塾

校長の喜田慎吾です。

 

 「高校入試の情報がない!

 どうすればいいの!?」 

 そんな悩み・不安を一瞬で解決します!

群馬県高校入試情報会

志望校合格へのストーリー

 

 2018年度、おそらく

 「群馬ナンバーワン!」のスピードで

 情報を集めています。

 

 今回の情報会は

 今慎塾にお通いでないあなたも

 ご参加いただけます。

 

 ご案内はコチラから↓

 高校入試情報会

 

 桂萱中・みずき中・前橋五中・

 群大附属中生のための

 1学期 期末テスト対策

 を行います。

 

 ★ 詳細を6月1日(金)に詳細を公開します★

 ご期待ください。

 

 定期テスト期間以外での体験授業も

 受け付けております。(小4~高3)

 お気軽にお問い合わせください。

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

それでは読み方の続きをお話しします。

 

 

 

この時間は、

 

何回も読む

 

にスポットを当ててみましょう。

 

 

 

文章を読んでいると

 

は?何言ってんの?゛(`ヘ´#)

 

となる時がありますよね

 

 

難しい言葉は出てきてないのに

 

何か分からない(x_x;)

 

こんな経験はありませんか?

 

 

 

そんな時どうする?

 

もう一回読む

 

 

 

ホントに読む?

 

…面倒くさいけど読むかな

 

 

うん、面倒くさいよね

 

しかも、全部が分からないわけでもない。

 

だから、読むときの意識が大切です。

 

 

 

読むときのポイントの一つは

 

tyle=”font-weight:bold;”>段落ごとに読む

 

です。

 

 

段落に書かれていることは

 

要点

 

と言いますが、

 

要点を押さえながら読んでいくんです。

 

 

 

だから、もし要点が押さえられなかったら

 

文章全部ではなく、

 

その段落を読み返すんです。

 

 

 

え~面倒臭いよ。

 

いちいち要点を押さえるなんて

 

時間がかかるように見えるかもしれませんが、
 

国語が得意な子は作業を厭いませんよ。

 

 

 

デカルトも

 

困難は分割せよ

 

と言ってます。

 

 

中3生は学校の教科書で最近やった

 

『握手』の中でも、

 

困難は分割せよ

 

と、ルロイ修道士が

 

言ってましたよね(*^▽^*)

 

 

面倒臭いかもしれませんが、

 

結果的には確実に

 

速く正確に読めるように

 

なりますよ(o^-‘)b

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

 

その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

自立学習塾

慎塾

《フリーダイヤル》

 0120-555-939

《住所》

  前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》

 katakai@myself-juku.jp

《HPはコチラから》

 慎塾HP

《Facebookはコチラから》

 慎塾FBP

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP