├ 入試物理のアプローチ

分からない問題こそ知識にしよう【桂萱中・みずき中・鎌倉中・群大附属中生必見】

こんにちは

“超集中空間プロデューサー”
慎塾 教室長の喜田慎吾です。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚

テストで目標点を取るためには

正しい勉強法が必要です。



『夏』



中3生にとっては入試に向けての

本格的な勉強が始まります。



そこで、今月は

一番点数を上げやすいと言われる


理社の入試問題のアプローチ方法

について、お話ししていきます。



今日のテーマは

「入試物理へのアプローチ」です。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚

平成26年の大問6の物理

浮力の問題でもう1問

ふれておきたい問題があるので

紹介しますね。

浮力2 



では、6番(4)の問題を見てみましょう。


  
 
 

(4)この実験で用いた物体と、質量と高さが等しく、底面積が2倍で材料が異なる直方体の物質を用いて同じ実験をした場合、図Ⅲのように、物体が水に入っている部分の長さと、ばねの伸びの関係を表したグラフとして最も適切なものを、次のア~エから選びなさい。

この問題が平成26年入試の

理科のラストの問題でした。



「じゃあ、難しいんじゃない?」

そうかもしれませんが、

これからあなたが受験勉強していく上で

大きな学びを得ることができる1問

だと確信しています。

成功の鍵 



それではお話ししていきましょう(^O^)/



浮力の大きさって何で決まるの?

「…重さ?」

ぶー(`×´)



「深さ?」

ぶー(`×´)



「わからーん(  ̄っ ̄) 」



そう、分からないことってありますよねp(^-^)q

分かる分からない 



では、図Ⅲのグラフに注目です!

BとCを比べてみましょう。



Bのように少し入っただけだと、

浮力は小さいですよね。

でも、Cのように全部入ると

浮力は大きくなる。



「ほら、深さじゃん(#`ε´#) 」

まぁ、もう少し見ていきましょう。

今度はC~Fです。



Cで物体が全部、水の中に入ってから

Eで容器の底につくまで

ばねの伸びが変わっていません。

変化しない 



ココから分かることは何でしょう?

「浮力が変わらなかった」



そういうことになりますよね。

深くしても浮力は変わらないんです。

同じ3 

「むむ…ホントだ(-“”-;) 」



「でも入った量で浮力が変わってるよね?」

そうですね。ココでポイントになるのは

量って何?

ってことですね。



「重さ…ではないんだよね?」

違います。



「体積?」

YES!(^ε^)♪



水に入った体積で

浮力は決まるんですね。



では、問題に戻りましょう。



質量と高さは同じ

底面積が2倍になる

のですから、この物質の体積は

もとの体積の2倍

ということになります。

ということは、

浮力も2倍

になりますね。

Color; width: 150px; height: 150px;” alt=”2″ src=”https://blog-imgs-113.fc2.com/n/i/s/nishikatakai/blog_import_5ca6ae8d4aff7.jpg” ratio=”1″> 



質量は変わらないから

地球が物体を引っ張る力は変わりません。

浮力は大きくなる。

そうしたら物体はなかなか沈んでいかないのだから

ばねは伸びた状態が続くことになるんですね。



ですから、答えはウのグラフになります。



で、この1問を解くときに

浮力は体積によって変わる

って知らなかったじゃないですか。



でも、グラフや図を読むことで分かりますよね。

でも、もしこれを最初から知っていたら

どれだけ楽に問題を解けるでしょうo(^▽^)o

教える3 



問題を解くときに

分からないことがあったら

まずは、資料から読み取ること

次に、知識に変えていくこと

知識2 



問題を活用して知識を増やせれば

かなり深い学習ができますよ(o^-‘)b



効率よく勉強していく1つの方法です。

ぜひ試してみて下さいo(^-^)o



納得していただけましたか?



ガッテン(。ゝω・)b

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

その方法をくわしく知りたい方は、
お気軽にお問い合わせ下さい。

慎塾
《フリーダイヤル》0120-555-939
《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201
《メール》katakai@myself-juku.jp
HPはコチラから→慎塾HP
Facebookはコチラから→慎塾FBP
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP