最新ブログ情報

今は基礎を“考えなくてもできる”までやりましょう【桂萱・みずき・前五・附属中生必見】

こんにちは。

“超集中空間プロデューサー”

慎塾 校長の喜田慎吾です。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

ただ今、無料体験授業受付中です。

中3:5名、中2:6名、中1:4名

小4~6:算国4名、英検4名

 

お問い合わせはお気軽にお電話ください。

自立学習塾 慎塾

《フリーダイヤル》 0120-555-939

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

慎塾でも

 

4月の通常授業が始まり、

 

生徒はそれぞれの目標に向かい

 

頑張っています。

 

 

 

中学生は3月と春休みに予習をやっていたので

 

そろそろ基礎部分の授業を

 

受け終わった生徒も出始めています。

 

 

 

「じゃあもう応用に入るの?」

 

入りません。

 

 

「じゃあ何をやるの?」

 

今までは中1・2は映像授業を受けて

 

予習をしていたので、

 

この後は、

 

ワークを片っ端からどんどん解いていきます。

 

 

「なんで?映像だけ見て問題を解いてなかったの?」

 

解いていましたよ。

 

映像を見たら、必ずプリント演習を2回はやっています。

 

 

 

「ん?じゃあ、もう次に行けるじゃん」

 

行けますが、行かないのです。

 

 

「何で?」

 

応用を出来るようにするためです。

 

 

 

「それなら応用やった方がいいじゃん」

 

それもそうなのですが、

 

応用ってどんな問題かというと

 

基礎の寄せ集めなんですよ。

 

基礎を3つ4つ重ねて考えて解いたり、

 

角度を変えて見たりする問題です。

 

応用だから新しい知識が必要かというと

 

そうでもないんです。

 

だから、基礎を反復し、

 

絶対にできる状態にしたいんです。

 

 

例えば

 

計算なら作業のようにできる状態です。

 

英語なら自由に英作文ができる状態ですね。

 

n style=”font-size:1em;”>そうしたら、この後

 

考えることに時間を使える

 

ようになるんです。

 

 

基礎が不安定だと

 

基礎も考えながらやることになるので

 

作業が遅くなり、

 

結局、応用も大してできない

 

ということになりがちです。

 

 

 

応用力とは土台となる基礎基本ができること

 

ですよ(o^-‘)b

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

 

その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

自立学習塾 慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》katakai@myself-juku.jp

HPはコチラから→慎塾HP

Facebookはコチラから→慎塾FBP

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP