├ 入試地学のアプローチ

今できる天体をやってみましょう【桂萱中・みずき中・鎌倉中・群大附属中生必見】

こんにちは


“超集中空間プロデューサー”

慎塾 教室長の喜田慎吾です。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


夏期講習のご案内をしています。


↓↓↓中3生 夏期講習のご案内はコチラ

中3生 夏期講習のご案内



↓↓↓中1・2生 夏期講習のご案内はコチラ

中1・2生 夏期講習のご案内



↓↓↓小4~6生 夏期講習のご案内はコチラ

小4~6生 夏期講習のご案内



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・



平成26年の2番で出題された『天体』


天体


「まだやってないよ」


そうですね。3年の2学期期末の頃ですね。




「げっ!そんな時のが出るの?」


けっこう出ますよ。


私立も出しますから、


授業と期末で出来るようにしちゃいましょうね(^_^)v




その天体ですが、


(1)は何の知識がなくてもできますね。


紹介してみましょう。



平成26年2C


A~Dは、日本における春分、夏至、秋分、冬至のいずれかの日の地球の位置を示している。


(1)秋分の日の地球の位置を、図のA~Dから選びなさい。





「これだけで分かるの?」


分かりますよ。




地球って傾いているんです。


これは地理でも出ましたよね。




日本は北半球と南半球のどちらにある?


「北半球」




じゃあ、Aの季節は?


「…わからん(-“-;A」




よーく考えてみて下さい。


地球は傾いてますよね。


Aは北半球と南半球どちらが太陽に近い?


「北半球…じゃあ、北半球が夏だ!」




素晴らしいヘ(゚∀゚*)ノ


「じゃあ、日本はAが夏至だ」




じゃあ冬は?


「太陽から遠いからC」




その通り!p(^-^)q


じゃあ秋分の日も決まりだね




「…どっち?」


えっ…(・・;)




地球は時計回り?反時計回り?


「反時計回りだったよね」




そう、だから夏の次に来るわけだから


Cということになりますね。




太陽から近いか遠いかで


夏と冬を見分け、


太陽



反時計回りで


春と秋を見分ける。


反時計回り



納得していただけましたか?


ガッテン(。ゝω・)b


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》katak
ai@myself-juku.jp

HPはコチラから→慎塾HP

Facebookはコチラから→慎塾FBP


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP