理科

今から準備できますよ<育英編>【桂萱中・みずき中・鎌倉中・群大附属中生必見】

こんにちは

“超集中空間プロデューサー”
慎塾 教室長の喜田慎吾です。
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚

《ブログ読者特典》
中学準備 中1 一学期完成講座
のご案内をしています。
いつも応援してくださるブログ読者の皆様への感謝の意を込め、特別プログラムをご用意いたしました。

↓↓詳しい内容は下記をクリック↓↓
中学準備 中1 一学期完成講座

ぜひご覧ください。


*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚


中2理科『動物』についてお話ししています。


続きまして育英高校の理科で

動物の問題がどのように出題されるか

紹介します(^O^)/



【育英入試では】

育英入試の理科って

最初の2ページくらいは

行間が狭くて読みにくいな~(><;)



慣れていかなきゃいけないことが多いですね(;^_^A



さて、育英の問題構成は

大問1・2が生物

大問3・4が化学

大問5・6が物理

大問7が地学

ですねo(^-^)o



その中で、動物ですが…

平成25年は中3内容しか出てないんです。



「中3ってそんなにあるの?」

細胞分裂と遺伝なのですが、

両方出たんです。

しかも、大問1個ずつでΣ(・ω・ノ)ノ!
細胞分裂 



その前の年だと

大問1が植物

大問2が動物

と動物も出題されています。



ココで出題されたのは

筋肉や神経などの『体が動くしくみ』

です。
 



内容的には知識を答える問題ばかりですので

易しめです。

今学校でやっているレベルで十分対応できます。
OK 



ただ、刺激の仕組みが分かっていること

筋肉と骨の仕組みが分かっていること

筋肉の伸びと収縮の関係が分かっていること

など、

広く知識を身につけておくことが必要ですね。



中2生は今から準備が出来ちゃいますねv(^-^)v
準備 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

その方法をくわしく知りたい方は、
お気軽にお問い合わせ下さい。


慎塾
《フリーダイヤル》0120-555-939
《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201
《メール》katakai@myself-juku.jp
HPはコチラから→慎塾HP
Facebookはコチラから→慎塾FBP
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP