数学

『1次方程式』って入試で使うの?<群馬入試編>【桂萱中・みずき中・鎌倉中・群大附属中生必見】

こんにちは

“超集中空間プロデューサー”
慎塾 教室長の喜田慎吾です。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚


入試に向けての準備はたくさんあります。

これから定期テストをむかえますが、お子様は

入試を意識して授業を受けていますか?



学校でやっている内容以上の入試レベルを知っていたら

お子様の学習内容は変わってきますよねo(^-^)o



そこで、今月は、

『今学校でやっている単元の入試レベルって何?』
   &
『入試の知識』
   &
『入試に向けての心の整え方』

についてお話しします。



今日のテーマは

『数学の入試レベルの問題』です。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚


中1が今学校でやっているのは

1次方程式



「うわっ!キライだったな~(´□`。) 」

という方も多いのではないでしょうか。
nigeru 



「計算はイイんだよね~…文章題がダメだった」

その辺は今でも変わりませんね~

方程式がキライっていう子は

「文章題がイヤ!o(TωT ) 」

という生徒が多いですね。




では、入試ではどんな形で出るのでしょうか?



【群馬入試では】

ここ2年続けて出題されてますね。

しかし!

出題されているのは計算だけです。
計算2 

文章題は『2次方程式』でした。



「よかった~(^ε^)♪ 」
ガッツポーズ 



そうも言ってられませんよ。

過去に出題された問題を見ると

連立方程式で解く文章題

は多数出題されています。

やっぱり文章題は出るんですよo(^-^)o



「がーん。(´д`lll)  」
shock 



ですから、1年で付けておきたい力は

確実に計算できる力
計算 

基本的な文章題の式を立てられる力
式を考える 

です。



文章題の立式のためには

①何をχにするか、単位付きで書き出すこと

②等しいものは何か見つけ出すこと

③単位に気を付けて式を作ること

が必要です



意味を考えながら式を作ることが分かれば

あとは計算だけですもんね(^∇^)



私立については

また午後に(^-^)ノ~~

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

その方法をくわしく知りたい方は、
お気軽にお問い合わせ下さい。


慎塾
《フリーダイヤル》0120-555-939
《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201
《メール》katakai@myself-juku.jp
HPはコチラから→慎塾HP
Facebookはコチラから→慎塾FBP
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP