最新ブログ情報

《2/15中学部説明会》意欲が湧くまで待つのは間違っています【桂萱中・みずき中・群附属中生必見】

“超集中空間プロデューサー”
慎塾 教室長の喜田慎吾です。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚

開校以来、全ての受験生が
偏差値UP!
~新学年説明会を開催します!~
誰でも成績を上げられる方法をご説明します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「2015 新学年説明会」
日程:2月15日(日)
時間:中学生説明会 10:30~11:30
対象:新中3~新中1
会場:慎塾
説明会 

『慎塾の指導方針』
『大きく変わる高校入試・大学入試』
『大きく変わる入試に対応するために必要な学力』
『入塾後3ヶ月で定期テスト60点アップする
慎塾オリジナルの自立学習授業システム』

についてお話しします。

大事なお子様を預ける塾選びです。
他塾と比較し、授業体験をし、
十分に納得してからご入塾を決めて下さい。

↓↓小学部説明会についてはコチラから↓↓
2015年度 小学部 新学年説明会(2-15)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

これは当塾の
中1・2生テスト対策+中3即アップコース授業
の授業風景です。
授業 
 
 
生徒はテスト前2週間、
ほぼ毎日3時間~5時間近く、
日曜日は8時間も
塾の教室で学習します。

休日も何時に開くのかと聞かれるくらい
積極的に学習しています。

テスト前の教室はご覧のように
満席状態です。
満員 

しかし、彼らは
授業時間前から教室に来て
学習を始めるのです。

一切強制はしていません。

それどころか、
「説明会があるから教室は午後から空けるよ」
なんて言おうものなら文句を言われてしまいます。
ブーイング 

それでは、もともと学習意欲に溢れていたのでしょうか?

そんなことはありませんでした(笑)

ある子は、「親が勝手に塾を変えた」と言って、
やる気なしでしたし、
眠気と戦っている子もいましたσ(^_^;)

元から学習意欲に溢れていた子は
少なかったですね(^▽^;)

では、何が彼らを変えたのでしょうか?

学習という行動に向かうためには意欲が必要です。

その意欲を促すためのものは、
逆説的ですが「行動」なのです。
行動 

人は、
「行動によって意欲を自己発電するシステム」
を内蔵しています。

卵が先か、鶏が先かの話のようですが、
行動と意欲について言えば、
間違いなく行動が先です。

ですから、
「意欲がわくまで待つ」
のは間違っています。
間違い 

待っている間に意欲がわくことは、
あまりありません。

最初は自分に鞭打ってでも行動に移すことです。

そうすることで体内の発火装置に点火するのです。
行動力 



もう一つ人間が持っている性質があります。

それは、
「人は形に化学反応して行動を規制する」
というものです。

そのもっとも大きく頑強な「形」は心の中にあります。
「どうせ自分には出来ない」
と考えてしまう見えない形です。

これを
「無理だボックス」
と名付けます。

正式には「メンタルブロック」、
日本語では「内制止」と言います。
壁2 

この「無理だボックス」の中では
次のようなやり取り(自問自答)が行われています。

「よし、明日からは毎日3時間勉強するぞ。」
⇒「そんなの無理に決まってるよ。」

「次のテストは90点取るぞ。」
⇒「
取れるわけないじゃん。」

「順位を30番上げるぞ。」
⇒「無理、無理。」

人は自分が無理だと思っている成果を
あげることは絶対にできません。

なぜなら、人は無意識のうちに
できないことを証明しようとする性質を
持っているからです。

「無理だボックス」を壊さない限り、新たなステップを踏み出せないのです。
挑戦2 

では、どうすれば心の「無理だボックス」は壊れるのか…
褒めることです。
褒める2 

欠けた部分にばかり目を向けていると
「無理だボックス」は
ますます固くなるばかりです。

褒める教育は、けなす教育の
100倍効果があります。

もう一つ、
目標を「目に見える形」で掲げる
ことです。

毎日のホームルームでは、
「今日できるようになること」
「それを達成するための気持ち・方法」
「出来るようになったらどんな自分に変わっているか」
を聞きます。

しっかりと目標を持ち、
成功イメージを持つのです。
夢3 

すると、視覚から受けた刺激が潜在意識に働き、
無意識のうちに「無理だボックス」を破壊してくれます。

受験前の中3生に聞きましたが、皆、
「自分がこれほど勉強するようになるとは思わなかった」
ということです。

その結果、
開校以来全ての受験生が
偏差値を上げています。
成長4 

中には

100点台だった成績が
300点台になった!

1回しかやらなかったワークを
2回やるようにしただけで
95点も上がった!

400点の壁を越えられなかったけど、
自分の勉強法を見つけて
400点の壁を越えた!

といったすごい成果をあげた生徒もいます。

慎塾では、
「どうすれば塾生の成績が上がるのか」
ではなく、
「どうすれば塾生が勉強するのか」
を考えています。
勉強5 

つまり、自発的に勉強することにより塾生が自立し、
自ら物事を主体的に判断する能力を伸ばしたいのです。

成績は結果としてついてくるものです。

私が生徒に言っているのは
「高校入試の合否で人生は変わらない。
しかし、今、努力するかしないかで
人生は大きく変わる。」
です。
変化のチャンス 

本来、塾は成績を上げることを目的にするものですが、
私があえてそれを一番に掲げないのには
理由があります。

今、日本社会は想像を絶する
スピードで変化しています。
これからの社会は
自己責任型の社会が進んでいきます。
そうした社会では今まで以上に
個々の確かな能力が求められます。

その中を生き抜いていくためには、
依存ではなく自立した学習を通して
自分自身の自信を深めていくことが大切だ
と考えています。

そのために、自立学習は
単に勉強をできるようにする
ということだけではなく、
生きる力を育むために必要な学習方法だ
と私は考えております。
力 

これからを生きる子供たちが
「夢は実現できる」「自分ならやれる」
という希望・自信を持って欲しい。

そのために、
より多くの方に自立学習を知っていただきたい。
そう考えています。

新学年説明会のご案内と
テスト対策のご案内
をさせていただいております。

もし塾をお探しでしたら、
当塾の
「新学年説明会」や
「テスト対策」にご参加下さい。
慎塾の指導方針と
学力を上げるための方法
等についてご説明いたします。

無理な勧誘等は一切行いません。
ぜひ、ご安心してお越しいただければと思います。

※中学生は3月10日(火)から
 小学生は4月7日(火)から
 新学年授業がスタートします。
スタートダッシュ 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「2015 新学年説明会」
日程:2月15日(日)
時間:中学生説明会 10:30~11:30
対象:新中3~新中1
会場:慎塾
color=”#0000ff”>説明会 

『慎塾の指導方針』
『大きく変わる高校入試・大学入試』
『大きく変わる入試に対応するために必要な学力』
『入塾後3ヶ月で定期テスト60点アップする
慎塾オリジナルの自立学習授業システム』

についてお話しします。

大事なお子様を預ける塾選びです。
他塾と比較し、授業体験をし、
十分に納得してからご入塾を決めて下さい。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【お問い合わせ方法】
《スマートフォンからのお問い合わせ》
 下記フリーダイヤルをタッチして下さい。
 慎塾にお電話がつながります。
 フリーダイヤル 0120-555-939

《パソコンからのお問い合わせ》
 右のフリースペースにあります
 『お問い合わせフォーム』からお問い合わせ下さい。
 こちらから折り返しご連絡いたします。

《お電話からのお問い合わせ》
 下記フリーダイヤルにお電話ください。
 フリーダイヤル 0120-555-939


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

その方法をくわしく知りたい方は、
お気軽にお問い合わせ下さい。


慎塾
《フリーダイヤル》0120-555-939
《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201
《メール》katakai@myself-juku.jp
HPはコチラから→慎塾HP
Facebookはコチラから→慎塾FBP
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP