最新ブログ情報

《英語》全文書いて言葉の使い方を知る【桂萱・みずき・前五・附属中生必見】

こんにちは。

“超集中空間プロデューサー”

慎塾 校長の喜田慎吾です。

 

慎塾では、

前橋五中生・群大附属中生のための

1学期期末テスト対策

授業を行います!

 

↓詳しい内容はコチラをご覧ください

前橋五中生・群大附属中生のための1学期期末テスト対策

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

慎塾では

 

答えは( )の中だけでなく、

 

全文書くことを勧めています。

 

 

 

これにより正しい文の形を何回も書くことができ、

 

自然に文法を覚えられるようになる

 

という考えからですv(^-^)v

 

 

穴埋め問題は

 

文法のポイントになる所を

 

(  )にしていることが多いですよね。

 

 

 

例えば一般動詞なら

 

I (   ) the guitar.

(私はギターを弾きます)

 

と、動詞の使い方が(  )になります。

 

 

 

否定文だと

 

I (   ) (   ) the guitar.

(私はギターを弾きません)

 

と、don’t + 動詞の原形が(   )になり、

 

疑問文だと

 

(   ) (   ) (   ) the guitar?

(あなたはギターを弾きますか)

 

と、Do + 主語 + 動詞の原形が(   )になることが多いです。

 

 

 

だから

 

そこを書くと、形はつかめますよね。

 

 

 

しかし、それ以外の単語が分からなかったり、

 

上の例文だと、楽器の時には

 

play the ~

 

の形になることを見落としてしまったりすることがあります。

 

 

 

この場合だと動詞の使い方だけにフォーカスしています。

 

つまり、

 

その一部分だけをフォーカスしているのが

 

穴埋め問題なんですね。

 

 

ですが、その一部分を理解しただけで

 

文章が書けるわけではないですよね。

 

 

 

だから穴埋め問題でも

 

全文書くんです!

 

 

しかし、盲点があったんです(-“”-;)

 

 

 

中2英語で「道案内」がテーマの時の話です。

 

Tell me the way to the station.

(駅までの道を教えて)

 

という文があり、to の部分が穴埋めになっていたんです。

 

 

 

しかーし、

 

彼女のノートを見ると、

 

Tell me the way (     ) the station.

 

って書いてから問題を解いているんです。

 

 

 

これだと、穴埋めしてるの一緒ですね(/TДT)/

 

 

 

この場合、全文書いて、最後に

 

設問に合わせて(   )をつけた方がイイですねp(^-^)q

 

 

 

文の頭から順に全文を書いていくこと

 

で、たくさん練習ができ、

 

自然に形を覚えることが出来るようになりますよ(o^-‘)b

 

 

英作文の練習については20:00に(^-^)ノ~~

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

 

その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

自立学習塾 慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》katakai@myself-juku.jp

HPはコチラから→慎塾HP

Facebookはコチラから→慎塾FBP

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP