最新ブログ情報

《理科》理科は暗記教科?覚えるべきことは覚えないといけません【桂萱・みずき・前五・附属中生必見】

こんにちは。

“超集中空間プロデューサー”

慎塾 校長の喜田慎吾です。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

中間テストが終わりましたね。

 

そろそろ結果が出そろう頃ですね。

 

満足いく結果が取れましたか?

 

 

 

テストで目標点を取るためには

 

正しい勉強法が必要です。

 

そこで、今月は

 

 

勉強方法やマインド、教育情報について

 

 

お話ししていきます。

 

 

 

木曜日はテーマは『理科の勉強法』です。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

理科ってどんな教科でしょうか?

 

とお父さんお母さんに聞くと

 

暗記教科

 

と返ってくることが多いですね。

 

 

そうでした、そうでした。

 

昔は覚えていれば点が取れたのですが、

 

私は覚えるのがニガテで、

 

理科はいつも苦しかったですね~

 

 

 

では、今の理科はどうでしょう?

 

…やっぱり理科は、

 

覚えなければいけないことが多いです。

 

え~。(´д`lll)

 

 

 

あ~待ってください。

 

でも、ただ覚えているだけの勉強なんて

 

今の時代求められていません。

 

考えること

 

表現すること

 

が求められているんです。

 

 

 

覚えなければいけないのですが、

 

覚えると考えることができるようになるんです。

 

 

 

だって、理科は

 

日常に起こっていることが多いですから

 

知識があると、

 

その理屈がポンと分かっちゃうんです。

 

 

 

これが中学の時に分かっていればな~

 

と思います(^▽^;)

 

 

 

例えば、植物の所では

 

子房、柱頭、がく、花弁、雄しべ、雌しべなど、

 

名前を知らないと話になりません。

 

 

 

でも、形と場所と名前が一致すると

 

そこからどのように果実ができ、

 

種子ができるか分かります。

 

 

化学変化も同様です。

 

元素記号が分からなければ話になりません。

 

元素記号が分かれば、

 

化学反応式を作り、

 

化学変化の仕組みを説明できるようになります。pan>

↑こんなカップを教室においてます(^_^;)

 

理科は知識があれば、

 

考えることができるようになります。

 

 

 

はっ!ということは私は中学生の時、

 

考えることが苦手だったんですね(^▽^;)

 

 

 

知識を覚えると言っても、ただ

 

覚えろ!

 

と言っても難しいので、

 

覚え方についてお話をしていきます。

 

 

この続きは16:00に(^-^)ノ~~

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

 

その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

自立学習塾 慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》katakai@myself-juku.jp

HPはコチラから→慎塾HP

Facebookはコチラから→慎塾FBP

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP