最新ブログ情報

《渋高 前期》疑問を持つことって大事です!【桂萱中・みずき中・鎌倉中・群附属中生必見】

こんにちは

“超集中空間プロデューサー”
慎塾 教室長の喜田慎吾です。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚


そこで今月は、

入試情報と塾の選び方

についてお話しします。


土曜日は
『公立高校前期選抜入試』
についてです。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚


農二・健大・育英の結果が出ましたね。

取ったランクから、

しっかり公立高校との距離を測りましょうね(o^-‘)b



今日は、渋高の前期問題について

お話ししていきましょう。



【渋高の前期問題】

渋高の前期は

小論文
小論文 



設問は2題です

寺田寅彦が書いたエッセイ「科学者とあたま」の一部を読み、あとの問いに答えなさい。(池内了編『化学と科学者のはなし』より)

設問1では
本文を160字以上、200字以内で要約しなさい。


設問2では
本文における筆者の主張を参考にして、高校や大学で学ぶ者にはどのような姿勢が必要かについて、あなたの考えを240字以上300字以内で述べなさい。


こてっこての小論文ですね(^∇^)
こてこて 



1番は要約です。
まとめる 

群馬入試でも頻出内容ですねφ(.. ) 

正しい読み方ができるかが問われますね



2番は小論文!
書く3 

小論文ですから、

筆者の主張を踏まえなければなりません。



設問1がしっかりできないと

論点がずれてしまう可能性があります。
ずれる 



本当に一般的な小論文の問題なのですが、

正しく文章が読めるか

高校合格だけを考えずに、
その先のことまで考えているか

問題意識を常に持っているか

が問われます。
考え 



ただ読む

ただ聞く

ただ言われたことをやる

のではなく、

考えて読む

疑問を持ちながら聞く

理由を考えながら行動する

といった姿勢が普段から欲しいですねp(^-^)q
考える2 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

その方法をくわしく知りたい方は、
お気軽にお問い合わせ下さい。


慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939
《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201
《メール》katakai@myself-juku.jp
HPはコチラから→慎塾HP
Facebookはコチラから→慎塾FBP
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP