最新ブログ情報

《数学》定期テストで難問はどれくらい出ていますか?【桂萱・みずき・前五・附属中生必見】

こんにちは。

“超集中空間プロデューサー”

慎塾 校長の喜田慎吾です。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

しっかり理解し、 

 

テストで目標点を取るために

 

 正しい勉強法が必要です。

 

今月は 勉強方法やマインド、教育情報について

 

お話ししていきます。

 

今日のテーマは「数学」です。

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

6月4日にグリーンドーム前橋で

 

慎塾の高校入試ガイダンス

 

『志望校合格へのstory part1』

 

を実施しました。

 

 

そこでは、

 

マインドや教科ごとの分析と対策

 

をお伝えしたのですが、

 

私は数学を担当しました。

 

実は数学は得意なんです(^o^)v

 

 

 

いろいろお伝えしたいのですが、

 

今日は

 

勉強の優先順位とそのやり方

 

をお話しします。

 

 

目標を達成するために必要な勉強は何?

 

と生徒に聞くと、多くの子が

 

応用問題を解く(^O^)/

 

Cレベル問題を解けるようにする(^-^)/

 

と難問を解けるようになることを答えるんです。

 

 

なるほど~、難問も解けるようになりたいですよね

 

 

 

熱心にお子様に指導されるお母さんも

 

Cレベルの問題が出来なきゃダメヽ(`Д´)ノ

 

と言ってますね(^▽^;)

 

 

 

では、質問です。

 

Cレベルの問題ってどれくらい出ますか?

 

…たくさんσ(^_^;)

 

 

 

実際には

 

桂萱中やみずき中や前橋五中などの市立中学でも

 

附属中でも

 

1問~2問。

 

 

 

しかも、大問すべてが難問になることは

 

ほとんどありません。

 

 

 

(1)~(4)まで問題があったら

 

(3)(4)くらいです。

 

 

 

つまり、Cレベルの応用問題は

 

6点~15点くらいなんですね。

 

 

 

これが分かっていれば

 

勉強の優先順位も

 

テスト本番で解く順序も

変わってきますよねv(^-^)v

 

 

難問1問が4点だとします。

 

計算1問3点だとすると

 

点が取りやすいのはどっちですか?

 

 

それが分かっている高得者は

 

計算の反復量がハンパではありません。

 

必ずと言っていいほど大量演習をしています。

 

 

 

しかも、計算ができないと

 

その先の応用は確実にできません。

 

 

 

でも、早く計算は確実にして

 

他の問題に行かなければいけないのも事実です。

 

 

 

ですから、今日は計算の練習方法についてお話しします。

 

この続きは、16:00に(^-^)ノ~~

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

 

その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

自立学習塾 慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》katakai@myself-juku.jp

HPはコチラから→慎塾HP

Facebookはコチラから→慎塾FBP

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP