最新ブログ情報

《国語》論説文を読むためのポイントは接続詞!【桂萱・みずき・前五・附属中生必見】

こんにちは。

“超集中空間プロデューサー”

慎塾 校長の喜田慎吾です。

 

慎塾では、

前橋五中生・群大附属中生・

桂萱中生・みずき中生のための

1学期期末テスト対策

授業を行います!

 

↓詳しい内容はコチラをご覧ください

前橋五中生・群大附属中生のための1学期期末テスト対策

桂萱中生・みずき中生のための1学期期末テスト対策

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

塾生が実践し成績を上げている方法を

『定期テストで確実に10点アップさせる3つのポイント』

という冊子にしました。

 

こちらの冊子をPDFファイルにてお送りさせて頂きます。

 

プレゼントをご希望の方は、下記のフォームに必要事項の記入をお願い致します。(PCから

 ↓

『定期テストで確実に10点アップさせる3つのポイント』

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

論説文の読み方で一番大事なもの、それは

 

接続詞の使い方

 

です。

 

 

それだけ?

 

それだけですp(^-^)q

 

 

 

皆さんは会話をするときや

 

お手紙などを書くとき

 

でもさ~

 

だけどさ~

 

って使いませんか?

 

 

 

「勉強したんだけど、テストに出なかったよ」

 

とか

 

「たくさん練習したけど、試合で負けてしまった」

 

とか、使いますよね。

 

 

 

この逆説の接続詞は

 

とても重要です。

 

 

AだけどB

 

本当に言いたいことはA? B?

 

 

 

Bですよね。

 

ココが筆者の主張なんです

 

 

 

ですから、ここにグリグリ印をつけるんですφ(.. )

 

そうすると、

 

筆者の言いたいことが

 

浮かび上がってくるんですo(^▽^)o

>

 

 

自分が使うときには

 

あまり意識していないかもしれませんが、

 

使い方を分析するとよく分かってきますよ(o^-‘)b

 

 

 

筆者の主張を見つける方法はまだあります。

 

20:00では、もう一つのポイントをお話しします。(^-^)ノ~~

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

 

その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

自立学習塾 慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》katakai@myself-juku.jp

HPはコチラから→慎塾HP

Facebookはコチラから→慎塾FBP

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP