最新ブログ情報

《国語》論説文の読解なんて簡単ですよ【桂萱・みずき・前五・附属中生必見】

こんにちは。

“超集中空間プロデューサー”

慎塾 校長の喜田慎吾です。

 

慎塾では、

前橋五中生・群大附属中生・

桂萱中生・みずき中生のための

1学期期末テスト対策

授業を行います!

 

↓詳しい内容はコチラをご覧ください

前橋五中生・群大附属中生のための1学期期末テスト対策

桂萱中生・みずき中生のための1学期期末テスト対策

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

塾生が実践し成績を上げている方法を

『定期テストで確実に10点アップさせる3つのポイント』

という冊子にしました。

 

こちらの冊子をPDFファイルにてお送りさせて頂きます。

 

プレゼントをご希望の方は、下記のフォームに必要事項の記入をお願い致します。(PCから

 ↓

『定期テストで確実に10点アップさせる3つのポイント』

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

しっかり理解し、 

 

テストで目標点を取るために

 

 正しい勉強法が必要です。

 

今月は 勉強方法やマインド、教育情報について

 

お話ししていきます。

 

水曜日のテーマは「国語の勉強法」です。

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

私が中学生くらいの時、

 

嫌いで嫌いでしょうがない教科が

 

ありました。それは

 

国語の読解

 

 

考えながら読め!

 

脳を働かせろ!

 

筆者の気持ちになれ!

 

思考力をつけろ!

 

など、昔、学校でも塾でもいろいろ言われましたが

 

一番言われたのが

 

大事なところには線を引け でした。

 

 

しかし、まったく響かなかったんです

 

なぜって、

 

どこが大事か分からないんですからσ(^_^;)

 

 

読解なんてキライだ~…(/TДT)/

 

と国語嫌いにすくすくと育っていったわけです(^▽^;)

 

 

 

今でも国語がニガテって多いですよね~

 

その中でも特に

 

読解

 

 

 

私と同じような気持ちなんだろうな~

 

と思います。

 

でも、でもです!私は

 

今はニガテじゃないんですよ(^_^)v

 

 

そりゃ~大人になればね~(  ̄っ ̄)

 

いやいや、大人でもニガテでしたよ

 

得意になったのはつい3年前ですから(^▽^;)

 

 

 

実は、慎塾新前橋校の萩原先生に教えを受けて

 

それを実践したら、

 

分かるんです。

 

出来るんです。

 

 

 

そして気づいたんです。

 

国語の読解って

 

どの教科よりも簡単だと

 

 

難しいんじゃなかったの?ヾ(▼ヘ▼;)

 

そう思っていたのですが、 勘違いだったんです。

 

 

 

何で簡単なの?

 

それは、国語は全ての教科で唯一

 

答えが問題文に載っている教科

 

だからです!

 

 

 

そりゃそうだけどさ~

 

それが分からないから苦労してるんじゃんo(TωT )

 

そうですよね。 では、今日は

 

論説文で線を引くポイントとその見つけ方

 

についてお話ししますね

 

 

 

まず論説文でどこに線を引くかですが、

 

論説文とは筆者が何かを説明しているんです。

 

ですから、

 

筆者の主張を読むこと

 

がポイントなんです。

 

 

長い文章とか

 

ちょっと難しめの本なんかを読むと

 

「むむむっ!何言ってんだかわからない!」

 

ってなったりしませんか?

 

 

 

作家さんって基本説明したがりですよね。

 

で、分かりやすくするために

 

例えや一般論をはさんできたりするんですよ。

 

 

 

これがあると、私みたいな人は

 

う~わからん(>_<)

 

結局なにが言いたいんだ~ヽ(`Д´)ノ

 

となってしまうんですね。

 

 

 

じゃあ、どうすればいいかと言うと

 

筆者の主張と一般論を分けちゃうんです。

 

 

読まなければいけないのは

 

筆者の主張と一般論どちらですか?

 

筆者の主張ですよね

 

だから、

 

筆者の意見にピーって線を引いていくんですφ(.. )

 

 

 

筆者の意見だけですよ。

 

 

 

線を引いたところだけを読んでいくと

 

筆者の意見だけが浮かび上がるので

 

グッと読みやすくなりますよ(o^-‘)b

 

 

 

では、どうやって探していくかは、

 

また16:00に(^-^)ノ~~

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

 

その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

自立学習塾 慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》katakai@myself-juku.jp

HPはコチラから→慎塾HP

Facebookはコチラから→慎塾FBP

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP