最新ブログ情報

《共愛で出る 中2数学》トライ&エラーが成功への道【桂萱・みずき・前五・附属中生必見】

こんにちは。

“超集中空間プロデューサー”

慎塾 校長の喜田慎吾です。

 

中3受験生特別講座

『理科・社会 記述特訓ゼミ』

を受け付けています。

 

詳細はコチラ

『理科・社会 記述特訓ゼミ』

 

中3受験生特別講座

『理科入試実践ゼミ』

を受け付けています。

 

詳細はコチラ

『理科入試実践ゼミ』

 

群馬県 公立高校進学説明会

『志望校合格へのストーリーPart2』

を実施します。

 

詳細はコチラ

『志望校合格へのストーリーPart2』

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

 

今日は共愛の数学(学特)を見てみましょう。

 

 

 

この時間は

 

中2内容

 

について見ていきます。

 

 

 

まず『文字式』

 

計算で必ず1問出ています。

 

平成29年・28年は乗除混合が1問

 

平成27年は出題されていません。

 

正負の数が2問出たからかもしれませんね。

 

 

 

『連立方程式』

 

1次方程式同様

 

計算も文章題も出ていますよ(´0ノ`*)

 

 

もぉやめて~・°・(ノД`)・°・

 

 

計算は毎年1問は出ます。

 

平成27年だけ、代入の問題が出ましたね。

 

どれも基礎です。

 

取りこぼしの内容にしましょうね。

 

 

 

文章題はというと、

 

平成29年は2問出てますね。

 

過不足の問題食塩水の問題です。

 

これは1年の1次方程式の方が

 

簡単に解けそうですね(^~^)

 

 

 

平成28年は2問出ています。

 

平均の問題年齢の問題です。

 

無理やり複雑にしようとしてる感じがします。

 

ですが、正直やさしいですよ。

 

問題文の通りに式を作っていく

 

ということが出来れば、すぐ解けますねv(^-^)v

 

 

平成27年は文章題は1問で、

 

代金の問題です。

 

方程式の文章題を解くとき

 

上手く立式できない人がいますね。

 

お、おれのことかな?

 

単位に気を付けて式を作るとイイですよ。

 

どういうこと?(?_?)

 

例えば代金の問題なら、

 

円 + 円 = 円

 

個 + 個 = 個

 

なんですよ。

 

知ってるよ!バカにしてんのか!ヾ(。`Д´。)ノ

 

でも、間違いで多いのは

 

円 + 円 = 個

 

とかなんですよ。

 

これが速さや割合になると

 

% + % = 人数

 

といった式を平気で作ってしまいます。

 

単位を揃えて式を考える!

 

つよーくつよーく意識して下さいね(*^-゚)v

 

 

 

『1次関数』はというと…

 

平成29年は2問出てます。

 

1つは関数の動点

 

もう1つは図形の面積比との融合問題

 

ですね。

 

 

 

平成28年も2問出ていますね。

 

1つは2次関数との融合問題

 

もう1つは反比例との融合問題

 

です。

 

どちらも交点を求めて考える問題です。

 

 

交点の出し方は?

 

連立でしょ、簡単(*^▽^*)

 

そうですね。

 

2次関数の問題はそれですんなり進むでしょう。

 

しかし、反比例の方はただ連立しても

 

答えが出ないんです。

 

そうなの?( ̄_ ̄ i)

 

反比例の比例定数が分かってなくて

 

1次関数は切片が分かっていない。

 

交点は2つあって、両方ともχ座標しかわからない。

 

pan style=”font-size:1em;”>確かに連立してもダメだね。

 

ここで、

 

どうしよう、どうしようと悩んでしまう人と

 

こうかな?ああかな?と試してみる人の

 

差が出ます。

 

 

あなたなら何をしてみますか?

 

代入してもダメなんでしょ?

 

ダメなの?

 

ダメかどうかは代入してから判断するんです!

 

見た目と思い込みは危険です。

 

あれもこれもと試してみることが

 

ヒントを作るコツですよ(o^-‘)b

 

 

平成27年は2次関数との融合問題

 

が出題されています。

 

1次関数の変化の割合を使って解く問題

 

です。

 

ただ3年の計算方法を知らないと

 

答えまではたどりつけないので、

 

中2生はまだ解けないですね。

 

 

 

次は、『平行線と角・三角形と四角形』ですが

 

毎年角度が出ているんですよ。

 

平成29年は角度が2問

 

平成28年も角度が2問

 

平成27年も角度が2問

 

出ています。

 

いろいろなタイプの問題が出てますね~

 

角度を等分するこんなタイプの問題

頂角を二等分した時の辺の比を求める問題

平行線の問題

 

多角形の角の問題

 

 

 

…角度ってこんなにあったっけ?(;^_^A

 

中2はちょうどこれから角度ですね。

 

角度の問題は

 

ちょっとの計算で分かる角を見つけられるか

 

補助線を引けるか

 

です。

 

頭で分かってもなかなか出来ないんですよ。

 

ですから、

 

なるべく自力で解く!

 

にこだわってみてくださいね(ゝ∀・*)

 

 

最後に『確率』ですが

 

意外と場合の数を出してくるんですよね~

 

平成29年は

 

数字の並べ替え問題で場合の数を聞かれています。pan>

 

平成28年は

 

サイコロ問題で、点が五角形の頂点Dに止まる出目の

 

場合の数を求める問題です

 

平成27年は

 

サイコロ問題で、出目によって進み方が違い、

 

-1に止まる確率を求める問題です。

 

 

 

樹形図を書くことがポイントかなぁ

 

とは思いますが、

 

全部書いていたら時間がかかってしまいそうです。

 

ルールを見つけて樹形図を書けるようになると

 

速く解けます。

 

数稽古が必要そうですね。

 

 

この後、共愛数学の中3内容を紹介しますね(^-^)ノ~~

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

 

その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

自立学習塾 慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》katakai@myself-juku.jp

HPはコチラから→慎塾HP

Facebookはコチラから→慎塾FBP

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP