最新ブログ情報

≪夏期講習受付中≫《国語》何を書く?を自分に問う【桂萱・みずき・前五・附属中生必見】

こんにちは。

“超集中空間プロデューサー”

慎塾 校長の喜田慎吾です。

 

小4~中3

夏期講習

 

↑ケヤキウォークで7月から放映されます。

 

慎塾では

7/21~8/10で夏期講習を行います。

 

↓夏期講習の詳細はコチラから

中3夏期講習

中1・2夏期講習

小4~6夏期講習

 

6/19に『群馬県公立高校の募集定員』が発表されました。

募集定員の情報はこちらから

http://ameblo.jp/myself-katakai/entry-12285412213.html

 

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

作文を書くのが得意!

 

って正直あまり聞きません(-_-;)

 

 

 

しかし、当教室の生徒で

 

すごい進歩を見せた生徒がいたので

 

紹介しますね(^∇^)

 

 

彼は、中学3年生。

 

やはり作文がニガテで

 

国語は古文や読解で点を取る

 

という勉強をしていました。

 

 

 

もう入試間近になった時になって急に

 

作文の添削お願いします。

 

って来たんです。

 

 

 

えっ…今から始めるのΣ(・ω・ノ)ノ!

 

っていうくらい間近でしたね。

 

 

 

しかし、

 

他は大丈夫になってきたから

 

作文でも点を取りたい

 

ということだったので、添削を始めました。

 

 

 

根拠がない

 

思い込みだけ

 

思いつくまま

 

に書いていく という感じでした。

 

 

 

直すところがたくさんですσ(^_^;)

 

 

 

まずは本人を呼んで

 

書き方の説明

 

をしましたね。

 

 

 

あれもこれもにならないように

 

作文のテーマを決める。

 

 

テーマに合った体験でなければ

 <
/p>

話が支離滅裂になる。

 

 

 

どんな感情や感想を持ったのか。

 

そこで得た学びは何か。

 

得た学びをこれからどう活かすか。

 

 

 

だいたいこんな感じです。

 

 

 

言っただけでは当然直りませんよね。

 

ましてや一回では直りません。

 

同じテーマを3回くらい

 

全部で20テーマくらい

 

書いたと思います(ノ゚ο゚)ノ

 

 

本当に短い時間でしたが、

 

本気度が違ったため

 

グラフを分析する小論文

 

筆者の主張を読み取って

自分の考えをまとめるような小論文

 

まで書けるようになっていました。

 

 

 

なぜ、書けなかったのでしょうか。

 

 

 

それは

 

普段書いていないからです。

 

 

 

急に「書け!」って言われても書けません。

 

 

 

自分の考えたこと感じたことを

 

まずは話してみることから始め、

 

その後、書く というアウトプットをお勧めします(o^-‘)b

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

慎塾には確実にお子様が自分の力で成績を上げる方法があります。それが自立学習です!

 

その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

自立学習塾 慎塾

《フリーダイヤル》0120-555-939

《住所》前橋市西片貝町5-23-14 閑野ビル201

《メール》katakai@myself-juku.jp

HPはコチラから→慎塾HP

Facebookはコチラから→慎塾FBP

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





ABOUT ME
KitaShingo
 喜田慎吾 前橋の小学生・中学生・高校生のために頑張って成績の上がる授業を提供しています。 座右の銘は『成績を上げられない子なんていない』『誰でもできることを、誰も出来ないくらいやる』 生徒一人ひとりにドラマがあります。生徒の成功を見るのが大好きです! 趣味はスポーツ観戦。とにかく西武ライオンズが好き。自分が成長すること・生徒の成長に役立つこと・面白いことにはすぐに飛びつきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP